YAZIUP CLUB会員募集中

上手い!そして楽しい!「アコギの神様」とはこの男のことである!!

  • 2018/11/27
  • ライフスタイル・娯楽
  • 154view
  • YAZIUP運営
タグ

間違いなく最高峰のアコースティック・ギタリスト

間違いなく最高峰のアコースティック・ギタリスト

アコースティックギターをかじったことがあるなら「トミー・エマニュエル」の名はすでにご存じかもしれませんね。
知らないオヤジのためにわかりやすく解説すると、彼は半端なく上手いうえに、ユーモアまであるという、ギタリスト兼エンターテイナーのような男です。
テクニックで魅せたかと思えば、遊び心も満載で、その世界に飽きるどころかどんどん引き寄せられてしまった…そんなファンが世界中にいます。

 

「ジミヘンをアコースティックギターで弾いてみた」が凄すぎる!

エレキギターの神はジミ・ヘンドリックス、アコースティックギターの神はトミー・エマニュエル。

そう思っているのは筆者だけでしょうか。

トミエマ(日本ではしばしばこう呼ばれています)がジミヘンの「パープル・ヘイズ」を弾いている動画を発見したので、ここに共有したいと思います。

Purple Haze | Reddit Request #3 | Tommy Emmanuel

 

ジミヘンのパープル・ヘイズはこちら

The Jimi Hendrix Experience – Purple Haze (Live at the Atlanta Pop Festival)
両者とも、とっても気持ちよさそうに弾いています…!
これぞ、魂のこもったギター。
テクニックだけじゃない、心が直接アクセスしているかのような、素晴らしいプレイです。

 

トミー・エマニュエルってどんな人物なの?

トミー・エマニュエルってどんな人物なの?

残念なことに日本ではそこまで有名ではないトミエマですが、母国のオーストラリアでは国宝のような存在です。
グラミー賞に2度もノミネートされ、シドニーオリンピックでは開会式で演奏を披露してくれました。
シドニーオリンピックの開会式で同じステージに立ったギタリストであるフィル・エマニュエルは、トミエマの兄。
兄のフィルもオーストラリアでは有名なギタリストで、兄弟でセッションを行うこともしばしば。

さて、ここで問題です。
トミエマがプロデビューしたのは、何歳ごろだと思いますか?
ヒントは、トミエマが初めてギターを手にしたのは4歳のころです。

日本の感覚でいうと「早くても10代後半かな?」と思ったオヤジもいると思いますが、トミエマはなんと10歳ごろにはすでにプロとして活躍していました。
10歳なんてまだまだ子どもですが、ギターの腕前はプロの大人と肩を並べるほどだったのでしょう。

トミエマの魅力がわかる一曲

■Angelina

Angelina | Songs | Tommy Emmanuel
曲名となっているのは、トミエマ自身の娘の名前です。
美しいメロディと明るく爽やかなコードが見事に調和していて、聴く者を清らかな心にさせてくれるようなナンバー。

ライブがとにかく素晴らしい!

トミエマはエンターテイナーとしての能力にも長けているので、彼の真骨頂はライブといっても過言ではありません。

Live and Solo In Pensacola, Florida | Live | Tommy Emmanuel
来日公演も定期的に行っていて、もちろん完売必至!

 

あなたもアコースティックギターを始めてみませんか?

あなたもアコースティックギターを始めてみませんか?

中年のオヤジならば一度は、アコースティックギターに憧れたことがあるはず。
日本でも数々のスターたちがアコースティックギターを片手に名曲を生み出してきた歴史があります。

聴いて楽しいのはもちろん、弾いても楽しいのがアコースティックギターの魅力です。
アコースティックギターを弾いていたオヤジは久しぶりに、弾いたことがないオヤジは少年のころのようにドキドキしながら、アコースティックギターを手にしてみてはいかがでしょうか。
今からトミエマレベルになろうと思うと大変ですが、コードを奏でるだけでも気持ちがいいものですよ!

トミエマによるレッスン動画もあります。

Tommy Emmanuel Teaches 4 Steps To Fingerstyle Guitar Technique | Reverb Learn To Play
今回ご紹介した曲以外にも、トミエマは数々の名曲を生み出しています。
どのアルバムもファンならずとも必聴の価値があるので、興味がある方はぜひ!
トミエマのギターが、あなたの心と人生をより豊かにしてくれることでしょう。

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ